三江線廃止は’18春!宇都井駅おばあちゃんの駅ノートに涙

こんにちは。子育てお疲れ様です!💓

この記事を作っている今日は2017年9月18日。敬老の日です。

日本中の、世界中のおじいちゃん、おばあちゃん、今までこの国を、そして世界を支えて来て下さり、ありがとうございます。

どうぞこれからもお元気で、健やかにお過ごしくださいね。💐

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

 

今まで2回にわたって、2018年4月1日に廃線になる、『三江線』についてお伝えしてきました。

三江線廃止は2018年4月1日乗って心に刻んておこう!

三江線廃止は2018年4月瞳にやきつけたい江津駅~三次駅

 

今回は、数ある三江線の駅の中でも、特に注目を集めています宇都井駅についてご紹介しますね。🚉

天空の駅と呼ばれる宇都井駅は人気スポット。よくテレビ番組でも特集されてきたそうですよ。

今回はその宇都井駅の魅力に迫ってみたいと思います。🌠

それでは、はじまりはじまり、、、。📖

 

スポンサーリンク



天空の宇都井駅

 

 

友人のTさんがご主人と三江線の旅行に行かれたのは、今年2017年8月16・17日でした。

宇都井駅は、島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)にあります。

彼女も有名な宇都井駅に注目をしていたようで、8月16日に足を運ばれたんですね。

 

日本一高いホームと言われている宇都井駅まで行き、写真を撮りました。
宇都井駅はやはり人気があるらしく、車で写真を撮りに来る方が大勢いらっしゃいました。

 

あれが宇都井駅です!

と言われても、「いったいどこに駅があるの?」ってなりますよね。近づいてみましょうか。

これが宇都井駅です!、、、いやいや、これは橋脚に見えるけど、、、。

実はこの塔のような建物は駅の『階段棟』なんです。中に116段の階段があり、そこを登りきったところにホームがあります。

さあ、上って行きましょう。、、、え?何ですか?エレベーター?

エレベーターはありませんよ。ご自分の足で、116段上らないと、宇都井駅のホームには着かないんです。

ひゃ、ひゃくじゅうろく段、、、。そうです、頑張るしかないですね!

10段上るごとの踊り場には、「あと106段」「あと96段」、、、「あと6段」と言う、地元の子供さんたちの応援メッセージが貼られていて、それに心を奮い立たされ、皆さん登っていくようです。

下の写真は、階段を登り切った地上20mにあるホームと待合室です。待合室は、地元の方々がお掃除や整備をして下さっています。

出典:ぶらり三江線web

ここはまさに、無人の秘境駅です。高さは日本一を誇ります。

ではなぜ、こんな高いところにホームができたのでしょうか?🚉

三江線は山間部を縫って走る線路のため、この場所に駅を建設することが決まったものの、その該当する部分では高架(地上高く架け渡した橋)の駅にするしかなかったようですね。

地上に線路を敷いて地上駅にすることが不可能だったので、こんな高い場所になったんです。

駅の開業は1975年(昭和50年)。1日の平均乗車人数は、1994年度は9人いたんですが、2008年度以降は0の年度が多いという現状です。

過疎の地区はどうしても高齢化が進み、エレベーターの無い116の階段を上る駅では、高齢者は利用したくてもできません。

そのため宇都井駅は地元の利用者がほぼ無いのに、廃線決定後は廃線の前に乗りたいファンが大勢みえるという、皮肉な現象が起きているようです。

 

喜久恵おばあちゃんの「駅ノート」が泣ける

スポンサーリンク



宇都井駅にはノートが置いてあり、8/16現在では24冊目でした。宇都井駅に来られた方と、地元の方の交流ノートになっていました。


それがこのノートです。「駅ノート」。

乗客の方が書いた文章を読み返信するのは、近くにお住いの松島喜久恵さんです。

大正15年生まれ、御年91歳。月に1~2回宇都井駅を利用し、電車に乗らない日も116段を上ります。

90を越えてるのに、毎日116段!すごい!すごすぎる!でも、だからお元気なんですね、きっと。

この交流ノートが喜久恵おばあちゃんの生きがいなんでしょうかね。ノートが終わったら、買い足し買い足し何十年、駅ノートを守っていらっしゃるのです。📔

 

今日は「敬老の日」。かわいい喜久恵おばあちゃんが映っています。

腰の曲がったおばあちゃんが一生懸命116段を登る。涙が出てきます。

ぜひ動画をご覧ください。

 

 

喜久恵おばあちゃん、三江線が廃止になってもお元気でいて下さいね。

おばあちゃんを知った私たちは、三江線だけじゃなく、喜久恵おばあちゃんのファンでもありますから。💕

 

まとめ

今回は、三江線の中の宇都井駅についてご紹介してきました。

喜久恵おばあちゃんのお人柄と駅ノートには涙があふれてきます。

おばあちゃんの生きがいを、別の形でも何とか続けて差し上げられないのかな、、、と思ってしまいます。

いつまでもお元気でいて下さい。🍀

 

では最後に、宇都井駅名物、『INAKAイルミ』の写真をご覧いただいて、今回は失礼いたします。

これは毎年11月に行われる、宇都井駅のイルミネーションと夜の田園風景のライトアップです。

幻想的で本当にきれい!夢のようですね。🌌

 

出典:石見観光振興協議会

また次回、「三江線の帰路」でお会いしましょう!本当にありがとうございました。💖

 

スポンサーリンク



 


コメントを残す