お父さんの旅行に熱中症予防!ポイントとグッズ父の日にも!

最近の日本は夏でなくても暑い日が多くなりましたね。🌞

避暑地が多くて涼しいはずのここ信州・長野県も、ときおり驚くほどの気温を観測する日があります。

でも東京にいる息子に言わせると、長野の朝晩は涼しいから過ごしやすいとのこと。

旅先のお天気を調べておくことも大切な準備ですね。💼🎩

今回は旅行に行くお父さんの熱中症予防について、ポイントと便利なグッズをお届けします。

 

 

お父さんの旅行に熱中症を予防したい

高齢者の旅の心配事に熱中症があります。

年を重ねると暑さを感じにくくなったり、水分を摂らなくても平気で、結果的に熱中症になる方がいるのです。

熱中症の対策は必ずしておきましょう。

 

熱中症ってどんな病気なの?

 

熱中症とは?

熱中症とは?

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かなくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のこと。

重症度によって次の3つの段階に分けられます。

・Ⅰ度:現場での応急処置で対応できる軽症

・・・・・立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じる)

筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り)

大量の発汗

・Ⅱ度:病院への搬送を必要とする中等症

・・・・・頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

・Ⅲ度:入院して集中治療の必要性のある重症

・・・・・意識障害、痙攣、手足の運動障害

高体温(体に触れると熱い。いわゆる熱射病、重度の日射病)

引用:全日本病院協会公式サイト

とても怖いですね。熱中症が疑われる場合には、

涼しい環境に移す・脱衣と冷却・水分と塩分を補給すると言う応急処置をしましょう。

 

熱中症寸前だった私の場合

実は私も熱中症になりかけたことがあり、あの時は正直パニックになりそうでした。

まだ高齢では無いんですが、そのとき自分では熱中症と思ってなかったので、

いつもの頭痛への対処をしてもおさまってくれなかったんですね。

頭ズキズキ・頭痛ガンガンです。水を飲んでも横になっても治らない。時間がたってもおさまらない。

病院へ行くにも車の運転ができそうもない、、、。本当に辛かったです。🏥

 

何とか良くなったので思い出話で済みますが、救急車を呼ぶことも考慮した方が良いですよね。

その時は一人でしたので、万が一倒れたらどうなっていたかわかりません。

あれから、暑いときは無理せずつとめて水分を摂るようにしています。

高齢のお父さんが旅行に行くときは、くれぐれもこの点を注意して差し上げてください。

 

熱中症予防に役立つグッズ

まずは水分補給が肝心。こまめに飲みましょう。

汗をかくと水分とともにビタミン・ミネラルも失われますので、ミネラル補給も忘れずに。💦

スポーツ飲料はそれらを効率よく摂取できますが、糖分が多いので飲み過ぎないように注意してください。

麦茶などもミネラルを補給できます。🍵

 

水が欲しい時に買いやすい小銭入れ

水筒やペットボトルを何本も持参するのは重くて大変ですから、

観光地やトイレ休憩、・ホテルを出発する前など、

コンビニや自動販売機で必ずお水・お茶などを買うように言っておきましょう。🏪

そのためにも小銭はある程度持って行った方が良いですね。👛

100円玉を何枚か入れて差し上げればきっと喜んでくれますね。🙌

ボックス型の小銭入れは見やすく取り出しやすいです。高齢になると視力が弱り、指先も思うようにきかなくなるもの。

レジで小銭を取りさせなくて慌ててたら気の毒ですよね。

いずれは自分も年をとるのです。どんな場面でもお互いが気持ち良く過ごせたら良いですね。

 

 

ネッククーラーで暑さ対策

暑いときは首を冷やすと涼しく感じますね。

ネッククーラーがあれば、普段のスポーツ観戦・農作業時にも暑さが緩和されます。

マジックテープ式なので着脱も楽。

 

パナマ帽

麦わらタイプのパナマ帽なら、帽子初心者の方も挑戦しやすいでしょう。

こちらは折りたためるので旅行にはピッタリ。不要の場合はカバンにしまえますね。

紫外線をカットしてくれ、15色から選べるのも嬉しいです。


クリックして頂くと嬉しいです(^-^)応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
♡ ♡ ♡ ♡ ♡ 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください